●Jエンジン&Jマッチ ポイントのご紹介

http://simp.ly/publish/dmNQFY

・Jエンジン: http://www.jengine.jp
※Jマッチ( http://www.jmatch.jp )は経営課題と解決施策のマッチング部分を切り分けて呼んでいる名称になります。


  中小企業のチャレンジを資金面から支援する  社長のための、経営支援サービスです



○最新のトピック
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
・ウェブ会員および勉強会会員の合計が「5万社」を超えました!(79%が経営層)

・マイクロソフト社の記者会見でJエンジン(Jマッチ)と連携し全国の中小企業のIT化を推進していくことが発表されました(2018年1月23日)
  https://www.writeup-lab.jp/teikei/j/2858

・社員研修の実施で「法人減税」が始まります!(日経新聞)
  http://simp.ly/publish/zgHKLp




■Jエンジン/Jマッチの概要になります

Jエンジン(Jマッチ)とは、中小企業の経営課題を解決するための「施策(ITツール・人材育成研修)」を選定し、その原資として活用できる「資金(補助金・助成金・融資制度)」を国や自治体から適切に確保するためのサービスです。現在では「融資」「ビジネスマッチング」「M&A」「出資」の支援も開始しました。

中小企業支援を目的とした、補助金・助成金・融資制度は年間3000種類発表されていると言われています。人工知能(AI)等を活用(間もなく実装)し、企業の基本情報(資本金や社員数等)や経営課題(売上減少、離職率増、採用不調等)を入力することで、自動的に経営課題を解決するための各種施策と資金の確保方法を提案するサービスです。


――最適な「資金確保手段」と「ITツール」「社員研修」を自動で提案する

(参考URL)
Jマッチの想い: https://www.jmatch.jp/about.php



■2017年は大きく飛躍する事ができました

会員1万社、80億円超の資金確保(返済不要)、多様な人材研修の提供などが実現できました。大変好評です。

一方で、中小企業の経営層の皆さまはインターネットが不得意なことが多く、対面でのご説明を必要とされる方がほとんどでした。そこで、現在では全国で経営勉強会(助成金活用法等)を開催しています。年間600回開催、合計2万社以上の企業経営層の方が参加されています。


――全国で毎月50回開催する経営勉強会には、月間で2000~3000社の経営層が参加

(参考URL)
2017年Jマッチ実績まとめ: https://www.jmatch.jp/2017/
※Jマッチ主催分のみの勉強会開催日程一覧: https://goo.gl/bDSQ4X



■たくさんの大手企業様と提携が成立しました

昨年後半より、銀行さま、電力会社さま、東京都さま、各種経営者団体さま、FC本部さま、上場ベンチャー企業さま等と多数の企業さまと提携し、補助金・助成金を活用した中小企業向け経営支援パッケージを多数提供しています。特に東京都さまからの依頼で半年間で20回のほどの小規模事業者向け補助金・助成金活用勉強会を開催いたしました。
本年は、このノウハウを活かし、「中小企業様」とも積極的に提携を進めていきたいと思っています。

(参考URL)
提携先一覧 ※公開可能な一部事例になります: https://www.writeup-lab.jp/teikei/j
提携方法の説明ページ: http://lab.jmatch.jp/teikei






※以下参考資料
―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
・公的支援制度最新ニュース: http://simp.ly/publish/zgHKLp