【絵日記】今朝、夢をみた。とある温泉場にいた。湯気が澄んだ乾いた空に立ち昇っていた。その草むらの傍には、棟方志功の水彩画の絵日記があった。絵のサイズはA3くらいで、表紙がふるっていて鮮やかな紫紺の衣糸で綴じてあるのだ。


絵日記の絵も躍動的だが、生き生きとした躍るような字体が鮮やかだった。だが判読できない。ぱらぱら捲ると、あまりの豊かな色彩に呆然としたら、急に身体が宙に浮いて、空に上がった。ぼくはドローンにのっていたと分かった。その温泉場を俯瞰しながらだんだん絵日記の場所から時間を超えて僕は遠のいていったのだ。

さて、棟方の絵日記が実在するのか知らない。だが、今もその絵日記がはっきり私の中に焼きついている。いい夢の話でしたwwW,...